冷え性とむくみの関係性

menu

冷え性の人はむくみやすい?関係性を調査しました!

冷え性の人はむくみやすい?関係性を調査しました!

冷え性は肩こりや腰痛及び内臓機能の低下など、全身の様々な不調を引き起こす原因として代表的な症状となりますが、むくみの発生とも深い関係性を持っています。

一般的なむくみは血行不良や新陳代謝の悪化が発生源とされていて、血管とリンパ管の機能が低下する事で体内の水分をうまく運搬できなくなり、部分的に留まっている水分が膨らんだ状態として生じるものです。

冷え性の状態では血液の運搬効率が極端に低下し、体温調整や水分・栄養素の運搬に支障を来す事例が多く、結果的にむくみの発症リスクを高めてしまいます。

また、そのまま放置しておくとセルライトを生成する要因になり、脂肪として蓄積されてしまう場合もあるので、注意が必要です。

こうした冷え性のことを「セルライト冷え性」と呼び、セルライトによって血行不良を起こして、さらにむくみや冷えが進むという悪循環を起こすことが知られています。

このような関係性から、冷え性を改善すればむくみの発症リスクを抑えられ、ダイエットを効率化できるだけでなく、身体の痛みやコリまでを解消するのに役立つ可能性があります。

冷え性を改善する方法

冷え性とむくみを同時に改善させるためには、発汗で体を温めながら、余計な水分を排出すると効果的です。食べ物には体を温めるものと冷やすものがあります。

野菜なら、根菜類が体を温めてくれます。逆に生野菜や果物は体を冷やす役割をします。

冷え性を自覚している人は、積極的に体を温める食物を食べるように心がけましょう。また、唐辛子やシナモンなどの香辛料を使った料理を食べたり、紅茶に生姜を入れるなどもおすすめです。

これならカフェインの利尿作用も加わって、むくみ改善の効果が高まります。温性の食材を食べて体を内側から温めれば、血液の流れが良くなって、体全体が温まる仕組みです。

日頃から生姜やニンニクを食べていれば、新陳代謝が徐々に活発になり、冷えにくい体質へと変化していきます。

もちろん、食べ物だけではなく、温冷浴を行ったり、マッサージやストレッチをするなど、全身の血行をよくすることで、冷え性とむくみを改善することができます。

さらに、就寝中のスタイルとしては、電気毛布や電気敷き毛布などの使用は避け、就寝前に乾燥機で布団を温めたり、湯たんぽの使用がおすすめです。

むくみ改善には漢方が効くって本当?

むくみは、体内に余分な水分がたまっている状態で、水分代謝が悪くなって起こります。むくんでいる箇所を押すとへこみ、しばらくすると戻ります。

一部分がむくんでいる場合や、全身がむくんだり、急性や慢性など症状は様々です。主な原因は冷えが関わっていることがほとんどです。体が冷えると新陳代謝が悪くなり、むくみが起こります。

漢方では、体を構成しているのは気・血・水で、それらが整っていると健康と考えます。気・血・水のうちの水の流れが悪くなるとむくみとして現れると言い、さらに体が冷えて悪化します。

こうした場合、体を温めながら水の流れをスムーズにする漢方を摂ることでむくみが解消します。

漢方を摂取するだけではなく、水分のとり方を見直し、体を冷やさないことや、水分代謝を良くするためにも適度な運動も改善には必要なことです。

冷えとむくみを改善するためのサプリ

こうした対策を行っても、長年の冷えの改善には時間が必要です。それでも、しっかりと続けていけば必ず体質改善にはつながるでしょう。体を冷やさないことや食生活を改善していくには、毎日続けていくことが大事です。

それでも忙しかったり、バランスの取れた食事を作ることがむずかしいという人には、冷えとむくみを改善する手助けをしてくれるサプリメントを摂ることもおすすめです。現在は、効果が高いとされるサプリメントも増えてきていますので、手軽に摂れるサプリメントは大きな味方になってくれるでしょう。

もちろん、これだけに頼るのではなく、食事にプラスして考えていくこと重要です。